2012年04月28日

時計ノツクリカタ

DSC_4540.jpg

今年もフランス菊が咲き始めた。毎年どんどん増えて駐車場に進出しつつあるのです。

さてさて、屋久杉のシンプルな時計の注文。
製作は至って簡単。
1寸〜1寸5分厚の屋久杉の板を手押しガンナで直角を出してからテーブルソーで木取り。
裏面に時計のムーブメントがはまり込むサイズのでっかいフォスナービットでエイヤっと穴掘り。
文字盤面にコンパスを駆使して円を12等分、印を付けた後、イスノキの芯の黒い部分を使って埋め木。オス側にテーパーを付けて嵌め込むのが簡単でキレイに仕上がるコツ。
んでもって全面を据え置きや手持ちのベルトサンダーで仕上げれば粗方できあがり。
あ、文字盤面の面取りはルータで。
後は裏側に壁掛け用の穴を開けてオイル塗装。
オイルはいつも通り2回塗り。
1回目は浸透性の高い、粘度の低いものを。
一日乾燥後、全体を軽くサンディングしてから仕上げの粘度高めのオイルを塗布。
ムーブメント、針を取り付けて完成!
置き時計、掛け時計両用。

DSC_5727.jpg

DSC_5725.jpg

一つは松山市にあるインテリアショップに置かれる予定です。
置き時計にするときに使用するダボピンがちょっと安っぽいんで改良が必要かな。




posted by flowers at 20:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 定番品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月27日

旅するクルマ。

baum-kuchenさん制作のショートムービー、take8までできてました。
TaroとHanakoを乗せたクルマは屋久島から京都へ。
仏陀杉前ではラブシーンが!揺れるハート











take1〜3はコチラ
posted by flowers at 20:45| Comment(4) | TrackBack(0) | 定番品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月21日

ヒコーキのつくりかた。

一年ぶりくらいでおもちゃのヒコーキを作りました。
作り方をば。ちょっと画像荒いし、かなりはしょってるけど。

まずは材料置き場で材の選択。
うん、このクスノキで作るべ!

IMG_1744.jpg

で、自動鉋で表面さらえて、テーブルソーと手押し鉋で木取り。んでもってテーブルソーの刃をカッターに取り替えて本体の溝掘り。
IMG_1749.jpg

パーツが大体揃ったらベルトサンダーで成形しながら仮組み。一番楽しい作業。

IMG_1752.jpg IMG_1754.jpg

仮組みを一旦ばらし、パーツを一つ一つサンディング。この作業が時間掛かるのよね。

IMG_1760.jpg

サンディングが終わったらオイルを塗布して組立。補強にダボを数カ所。ほぼ圧入して組むんで接着剤はほとんど使いません。
今回は尾翼と脚の定着にちょっと使用。多少投げたり落としたりしてもビクともしない!はず・・・。もしバラバラになってもまた組み直せます。
旋盤でパイロットを作って乗せたら完成!

IMG_1764.jpg

てなわけで何年かぶりに店に3種の乗り物が揃ったのでした。
DSC_5699.jpg
posted by flowers at 19:32| Comment(1) | TrackBack(0) | 定番品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月19日

今年も。

東北大震災被災者支援グッズの販売をしています。
売り上げは日本赤十字社もしくは他支援団体へ寄付致します。

DSC_5692.jpg

支援グッズにポストカードも新たに加えました。

DSC_5687.jpg

向かって右側2枚は友人である名古屋在住のイラストレーター、kakaさんのご厚意で提供させて頂いてます。
まだまだ。
posted by flowers at 21:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 新作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月18日

リハビリテーション

30年弱のブランクを埋めるべくリハビリは続く。
まだ未熟なのは承知しつつ晒していかなきゃ。
バランス悪いなー。

DSC_5685.jpg

TIME IS ON YOUR SIDE
シナ合板500×360にアクリル絵具、パステル、コラージュ。
posted by flowers at 20:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月16日

春だなー、2。

昨日見つけた人面蜘蛛、今日も同じ場所に生息中。
よく見ると眉毛が付いてた!

IMGP0420.jpg

で、後ろから見るとまた別の顔。

IMGP0421.jpg

ハナグモって蜘蛛らしい。

と、そんなことは置いておいて今年の新商品の紹介っす。
手拭い2012Ver。

DSC_5615.jpg

絵柄は去年と変わんないけど、今年のものは「注染」で。
江戸の職人が一つ一つ手作業で染めてます。生地は今までと同じく最高級の特岡。
手触りも柔らかく、使い込むほどに味が出ます。
販売は当ショップのみ。

今月末からの連休に向け、店の中の作品群も充実させました。
さてさて。

DSC_5665.jpg DSC_5660.jpg
DSC_5679.jpg
posted by flowers at 19:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 定番品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月15日

春だなー

人面蜘蛛発見!
しかも180度開脚。
IMGP0415.jpg
posted by flowers at 19:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月02日

タンパーの製作。

京都でカフェに勤めてる方からエスプレッソマシンにコーヒー粉を詰めるための道具、タンパーの製作依頼。
タンパーはステンレスやアルミなどの金属でできたものが多いんだけど、木製のものを探してるうちにウチのブログに辿り着いたそう。
1/10mmの単位で言えば木はその時の湿度で動いてしまう可能性があることを説明した上で製作開始。
材は2寸厚の板に割いて13年経過した、とっておきの山桜材を使用。

材を60mmの角材にカットして旋盤に装着。真円が狂うのがイヤなんで縦木取り。
IMGP0400.jpg

ガガッと削る。バスケットに嵌め込む部分は慎重に。指定寸法のコンマ数mmマイナス側に。ペーパーの削りしろも計算に入れて。
取っ手の部分は持ちやすく力が均等しやすいように。ホントはユーザーの手に合わせて製作したいところ。
IMGP0402.jpg

コーヒー粉を詰めるとき水平を確認しやすくするための溝を掘り、その溝にステンの線を押しつけて摩擦熱で木を焼く。
IMGP0404.jpg

削り終わったら両端をバンドソーで落としてベルトサンダーで整形。仕上げは手で。
IMGP0408.jpg

汚れ止めに浸透性の高いオイルを塗布。24時間経過後に軽くサンディングして仕上げのオイル塗布、磨き上げて完成。ふー。
早速梱包して発送。

「大切に使って最高の一杯を提供していきます!」とのメールを頂いた。
嬉しいなぁ。ガンガン使ってやって下さいませ!

posted by flowers at 22:08| Comment(1) | TrackBack(0) | 日々の仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。