2012年06月23日

臨時休業のお知らせ。

突然で申し訳ありませんが本日6月23日(土)〜6月28日(木)の間、臨時休業致します。
ご迷惑をお掛けいたします。


posted by flowers at 04:08| Comment(2) | TrackBack(0) | 臨時休業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チェコメモ4,ザイフェン(ドイツ)

6/10

滞在7日め。
ドイツのザイフェンへ。
ザイフェンはプラハから100kmあまりの山の中。
公共交通機関による移動はかなり不便なので、レンタカーで行こうと思っていたのだけど、宿のクルマで連れて行って貰うことになった。
財布の中身をコルナからユーロに詰め替えて出発。
プラハを出ると例によって延々と田園風景が続く。
2時間ほど走り国境近くの小さな街、リトヴィノヴァを過ぎるとクルマはエルム山地に入る。
山道を抜け、国境ゲート跡を越えるともうドイツ。
宿のオーナーが言うには国境を境に家並みも変わるし、何と言ってもドイツは道路がキレイ、なんだそう。
確かにチェコの田舎の道路は舗装してあっても穴だらけだったのが国境を越えた瞬間、きちんと整備された道路に変わる。
家々も同じく。
国力の違いもあるけど国民性の違いもあるのかな。

国境を越えるとすぐにザイフェンに到着。とりあえずSpielzeug museum、おもちゃ博物館へ。

cz36.jpg

一人3.5Eを支払い入館。3階からなるムゼウムはエルム地方で作られた木のおもちゃでいっぱい。
ザイフェンは錫の産出地だったのだが、錫が出なくなるとともに副業であったエルム山地で採れるモミやブナを使って木のおもちゃを主要な産業として始めたのだそうだ。
クリスマスの時期にはドイツ中から観光客がこの小さくて静かな村に押し寄せるらしい。
有名なくるみ割り人形、煙吐き人形をはじめ、小さな小さなフィギュア、積み木などがところ狭しと展示されていた。
実際に触って遊べるおもちゃも。
日本の有馬玩具博物館の館長でからくりおもちゃの作家でもあった故西田氏の作品も展示されていた。

cz62.jpg cz56.jpg 
cz57.jpg cz58.jpg 
cz59.jpg cz60.jpg

おもちゃということもあって、天使とか童話の一場面とか、動物などのモチーフが多いのだけど、鍛冶屋、パン屋、木工屋等の職人をモチーフとして扱ったものも多数。やはりドイツでは職人が尊敬されているということなのかな。その時代時代の職人たちの暮らしぶりまで表現されてて、観ていて面白い。

次に訪れたのはFreilicht museum、野外博物館。エルム地方の古い民家と生活ぶりを再現したムゼウム。
広い敷地内に点々と民家があって、その一つ一つが展示物となっている。
雪が多いところなんで屋根の傾斜がきつい。

cz55.jpg

愛知県の犬山にリトルワールドっていう世界各国の民家を集めた楽しい博物館があるけど、そこを小さくしたような感じ。
昔の工房を再現した小屋では足踏み旋盤が。

cz35.jpg

ここではライフェンドレーンの実演が観られる。
ライフェンドレーン、というのは木工ロクロによる技術の一つで、玉切りにした丸太をロクロでドーナツ状に削り、その輪っかをぶつ切りにすると動物のカタチがあらわれる、というもの。例えは悪いかもしんないけど金太郎アメが輪っかになってるって感じ?
言葉では説明しづらいので画像をば。

ロクロで作業中↓

DSC00871.JPG

できあがった輪っか(の一部)↓

cz65.jpg

輪っかをぶつ切り↓

cz37.jpg

ナイフで成形、着色して完成。

cz66.jpg

いやはや、この職人さん、動きに全く無駄なし。手の空いたころを見計らって少し会話。
出来上がった輪っかは水が滴っていた。水に浸けていたのかも。割れ防止はもちろんのこと、ペーパーを全くかけないのと木口をガッと削るんで、生木の状態にして削りやすくしてるんだと思う。因みにロクロの動力は水車。水車は回りっぱなしなんでクラッチのような仕掛けでロクロのONOFFを行う。
作りかけの輪っかの一部を少し購入。ちゃんと乾かしてから作るように、と言われる。OKOK、ボクも一応ウッドワーカーの端くれなんで。
この作業を見るためにここまで来たんだと感慨に浸る。

しかしのんびりとしたところ。じいちゃんばあちゃんと子ども連れがベンチで木陰でランチしてた。

cz61.jpg

野外博物館を出たあと例によってザイフェンの町をブラブラと。
続く。



posted by flowers at 01:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月22日

チェコメモ3、プラハ散策&蚤の市

6/8

7時起床。朝食後、さて今日はどうしようかと。
そういや城って行ってなかったよな、ということでトラムに乗ってプラハ観光の王道、プラハ城へ。
プラハ城に近づくにつれ2両編成のトラムは満員。ここで満員電車を味わうとは・・・
停留所に止まり、どっと観光客が降りる。
うわやっぱ人多い・・・

まずインフォメーションでチケットを買うために並ぶ。
幸い朝イチだったので30分くらいの待ち時間でチケットゲット。
城内の門をくぐるとまず目に飛び込んで来るのが聖ヴィート大聖堂。
ゴシック様式の建物はかなり威圧的。完成に数百年かかったそう。

cz40.jpg cz41.jpg

中も人でいっぱい。しかしステンドグラスのきれいなこと。

cz38.jpg 

ミュシャがデザインしたものも。

cz39.jpg

教会の中の通路は狭く、しかも団体が立ち止まってたりするので中々前に進まない。
人の波をかき分けかき分け前に進む。

やっとのことで外に出てプラプラと歩き回る。

cz24.jpg

王直属の職人たちが住んでたっつう黄金小道も人でいっぱい。現在はお土産屋が並ぶ。各家の2Fは中で繋がっていて、当時の武器や防具の展示をしていた。変な鉄仮面とかホントに付けてたんかいな。

cz26.jpg cz42.jpg


ボーガンの試し打ちとかもあった。んまあ観光地として正しい。至る所でカネ取られるし。ちなみに入場チケットとは別に写真を撮るためのチケットも買わされた。
黄金小道の側のカフェでパニーニとコーラを。てっきり観光地料金を取られると思ってたらそうでもなくて、おまけに「待たせちゃってごめんね。」って言われてちょっと料金をオマケしてくれた。ヨーロッパの飲食店で謝られたのも初めてだしオマケしてもらったのも初めて。意外・・・

カフェを出て城に併設のおもちゃ博物館ってのにも入ってみた。ヨーロッパ中心に世界各国のおもちゃが並べてあるんだけど、子どもたちに人気があったのはバービー人形コレクション。

cz27.jpg

何体あったろうか、ここまで揃うと壮観。興味の無い人にとっては何じゃコレの世界。ま、バービーは置いといてブリキのおもちゃとか結構楽しかった。

プラハ城から旧市街に下る。ヴルタヴァ川に掛かるカレル橋も人でいっぱい。
あ、この人たち3年前もいたような。

cz43.jpg

しかし何処に行っても水辺っていいなあ。

cz29.jpg

川を渡り旧市街広場へ。もうこの辺りであまりの人の多さにイヤになってきた。

cz28.jpg

広場ではHYUNDAIの展示会をしてた。勢いだなあ。ちなみにチェコでの自動車販売のシェアは自国メーカーのSKODAが40%、その次がHYUNDAI車なんだそう。確かによく見かけた。

雨も降ってきたし晩飯晩飯。怪しげなアラブ系の人がやってる食堂に入る。メニューから見た目美味しそうなピザと鮭のグリルを注文。うん、不味くはないけど美味しくはない。・・・まあこんなこともあるわいな。アラブ系でピザ売ってる時点で気付かなきゃなー。鮭は日本の塩焼きから塩抜いてパサパサにした感じ。付け合わせはトマトとキュウリとタマネギ、それに白米。カミさん腹をこわしててビール飲めず。
夕食後メトロに乗って宿に帰る途中、スーパーに寄ってお土産のお菓子類を買う。
宿に着いたのが21時過ぎ。この日もよく歩いたなー。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

6/9

朝起きると足が痛い。石畳って結構足腰に負担かかるのよねー。歳のせいもあるけど。
朝食後バスとメトロを乗り継ぎコルベノヴァの蚤の市へ。
入場料は20czk。蚤の市に入場料?と思いながらコインを入れてゲートをガチャンと下ろして入場。
パリやベルリンの蚤の市をイメージしてたんだけど、全然違ったというか、とにかくだだっ広い。ガラクタを売ってる人もいれば食料品、新品の洗濯機や冷蔵庫まで並んでる。
こりゃ見て回るのに時間掛かりそう・・・
とりあえず一番端っこまで行き、順番に攻めてみる。

cz30.jpg

壊れたオモチャや時計、何に使うのかわからない金属の器なんかを物色しながら時間はあっという間に過ぎていく。
英語はまず通じないので値段交渉は筆談&電卓で。おっちゃんがやってる店ではカミさんが、おばちゃんの店ではボクが値段交渉すると割と上手くいくっぽい。どこも同じですな。
たんまり買い込んだ荷物を置くために一旦宿へ帰る。
一体どんすんだろねー、このガラクタたち・・・

cz31.jpg

宿で休憩、荷物を整理して夕方また街へ。外にでるとよく動くこと。普段は島どころか尾之間からほとんど出ないのにね。

トラムを降りたところにあった変なビル↓。ダンシングビルって呼ぶらしい。

cz32.jpg

旧市街地で店で販売できそうなものを物色。
広場に行くと昨日HYUNDAIの展示してたステージでEURO2012の実況中継。
試合はオランダvsデンマーク。
オレンジの服着てる人がいっぱいいる。

cz45.jpg

キックオフの瞬間、もの凄い歓声。うわ!この感じいいなーって一緒になってモニターに釘付けになってたら、カミさんにキリがないから行くよって急かされた・・・

帰り際にまたスーパーに寄ってお菓子をたんまり。
1個0.5czkって格安のパンを売ってた。袋にたんまり詰め込んでる人もいたので試しに1つ買ってみる。
宿に帰ってスーパーで買ったキャベツの酢漬けのようなものと手羽先のグリルを食べる。これは美味しかった。
0.5czk、約2円のパンはパサパサでまるで麩みたい・・・スープとかに浸ければ食べられるかな。
TVのスイッチを入れてさっきの試合の結果を確認してから就寝。
ちなみに日が沈むのが夜9時半頃、10時頃までは明るい。一日が長い・・・

posted by flowers at 00:32| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月21日

チェコメモ2、チェスキークルムロフ

6/6

朝8時に宿を出発。バスとトラムを乗り継ぎチェスキー・クルムロフ行きのバスターミナルのあるNa Knizeci駅へ。
チェスキー・クルムロフはプラハから約160km、バスで3時間。バス停に着くとすでに同じバスに乗り込む人たちがたむろってた。

cz08.jpg

1/3ほどが東洋人。日本語を話す人たちはいない。この時期日本人の個人客は少ないのかな。
ほどなくイエローにペイントされた派手なバスに乗車。
バスはプラハの街を出ると高速道路に入り、延々と続く田園風景を眺めながら宿の人が拵えてくれたサンドイッチを頬張る。
菜の花畑、麦畑、それに紅白の花が美しいケシ畑。ラベンダー畑も。北海道の景色みたい。北海道にはケシ畑はないか。
途中Ceske Budejoviceに寄り、定刻通りの11:55にチェスキー・クルムロフに到着。

cz07.jpg

とりあえず宿にチェックイン。
部屋は一番上の屋根裏部屋。窓から城が見える!

cz18.jpg

部屋に荷物を置き町に出てみる。
インフォメーションセンターに寄って、町のあちこちを散策しながら説明してくれるっていうツアーを申し込む。一人250czk。
ツアー開始まで間があったので城下町をブラブラ。
コヒノール(チェコの老舗文具メーカー)の直営店を見つけてカミさんはまたお買い物。ボクはプラプラとタバコを吸いながら近くをお散歩。そうこうしているうちに時間も経ち、ツアー開始場所の広場へ。
広場は観光客でいっぱい。それらしき人を探すが、この人混みじゃなかなか探しきれない。インフォメーションにもう一度確かめに行ってみようか、とカミさんがツアーチケットをポケットから取り出した。
すると、そのチケットを見て笑顔で走り寄ってくる若い女性が。同じツアーの観光客かなーと思ったらその人がガイドだった。オフィシャルなツアーなんでそれなりの目印なりを付けてると思ってたら全く普通のカジュアルな服装。そりゃわからんわ。
ツアー客は我々2人のみ。まず広場でこの町の歴史の説明から始まる。説明はもちろん英語。言ってることの半分くらいしか理解できないんだけど、聞き取れなかったところをもう一度お願いって言ってもイヤな顔一つせずに笑顔で対応してくれた。ありがと、ガイドさん。名前忘れちゃったけど...
ツアーは1時間半。町の隅々を歩き回り、ときにジョークを交えて説明してくれた。
この建物は幽霊が出るから借り手がつかないとかの小ネタが楽しかった。
エゴンシーレがここに佇んで絵を描いてたっていうヴルタヴ川のほとり↓

cz12.jpg

クルムロフ城の門をくぐったところでツアー終了。ガイドの女性と別れて城の中へ。
城の中もツアーに申し込まないと見学できないシステムになっていて、これまた一人250czk。せっかくだからと申し込む。
こちらのツアーは30人ほど。ほとんどが欧米人(ほぼアメリカ人だと思う)&中国人。チェコ人ガイドのおばちゃんがツアー客に英語の言い回しの間違いを突っ込まれてた...
城はと言うと、フランスとかの城とかに比べると質素というか地味というか...
豪華絢爛きらびやか!とはちょっと違う感じ。まあフランス王朝が派手すぎるだけか...ところでペアルックの中国人カップル!ツアーの最中に柱の陰で濃厚なキスすんじゃありません!アメリカ人のじいさんにビデオ撮られてたぞ。

城の見学を終え、町に下り夕食を。カミさんは例のごとくビール。この日はブドヴァイゼル・ブドヴァル。アメリカのバドワイザーが勝手に商品名パクって揉めたっていう銘柄。もちろんメチャウマだったらしい。

cz09.jpg

ボクはポークのグリルときのこスープを注文。付け合わせの大根の酢漬けみたいなんも美味しかった。
白いのはクネドリーキっていう蒸しパンみたいなもの。

cz22.jpg

食事を終えて宿に帰り、シャワーを浴びて爆睡。窓の外にはライトアップされたクロムルフ城。観光地やなー。

cz16.jpg

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

6/7

朝7時半に起きて近所を散歩。天気もいいし気持ちいい!

cz14.jpg

宿に戻りビュッフェスタイルの朝食を摂る。ヨーグルトとハムが美味い。もちろんパンも。宿の自家製ジャムをたっぷり塗って食す。
朝食後部屋でちょっと休憩した後、チェックアウト。バスの時間まで荷物を預かってもらい、再び城下町へ。
しかしこの宿、玄関の鍵と部屋の鍵が一緒。宿泊客は一つの鍵で部屋と玄関のカギを閉め(オートロックじゃない。)外出する。
もしかして全室同じ鍵?んなわけはないか...でもまあ建物自体は何百年前のモノか知らないけど、内装はキレイだしオーナーの対応もいいし、安いし、良い宿でした。

宿を出てとりあえず昨日登れなかった城の見張り台に。ええ、高いところ好きなんです。
インフォメーション前で「あら、おはよう」と声を掛けられて振り向くと昨日のガイドさんが。「楽しんでねー」って手を振って事務所に入っていった。笑顔の可愛いチェコ美人でした。写真一緒に撮るの忘れてた!
入場料50ckz払い、すれ違うのがやっとの暗く狭い螺旋階段をひたすら登る。登り切ると城下町が一望。

cz17.jpg

cz15.jpg

とりあえずこの町で一番高いところ制覇。満足して次はエゴンシーレアートセンターへ。
有名な観光地にある美術館ってガッカリが多いんだけど、ここは果たして...
美術館は古いビール醸造所を改装した雰囲気のある建物。
まずは企画展から。チケットにはVladimír Jiránekって書いてある。この人ってチェコの作家?って聞いたら呆れた顔で「ビッグネームだよ。」って言われた。知らないよ、んなこと言われてもと思って観てみると...ああ、知ってる知ってる。Pat and Matの作者だったんだ。
ラフスケッチやアニメをゆっくりと観てまわる。
で、シーレ。なんでウィーンでもないのにここにシーレの美術館があるかというと、彼の母親がチェスキー・クルムロフの出身で、一時期この町にアトリエを構えてたそう。結局は煙たがられて町を出たみたいなんだけど。まああの画風だからねー。
肝心の作品はデッサンが数点のみ。後は全てレプリカ....しかも印刷がダメダメ。やっぱしがっくし。見所はシーレのデスマスクくらいかなー。
トボトボと美術館を出て昼食。ヴルタヴ川に突き出た、京都の川床みたいなレストランのテラスで昼食。メニュー読むのが面倒くさいんで黒板に書かれていた定食らしきモノをアレちょうだい、と注文。
すると、
「メニュー2つね。」
「メニューじゃなくて黒板に書いてある料理が欲しいんだけど。」
「だからメニュー2つでしょ、了解」
???
後から知ったんだけど、その日の日替わりランチみたいなんをメニューって言うらしい。
不味くはないけどしょっぱいスープにチキンのフライ、それにボイルドポテト満載。とにかく量の多いこと。

腹一杯になった後はまた街をブラブラ。アンティークショップや手芸屋を覗いたりCDショップに入ってみたり。
作家モノを扱っていた店の姐さんと、ヤポンスカから来たのかといきなり肩を抱いてきた手芸屋のおっちゃん↓

cz19.jpg DSC00661.jpg

カミさんは財布のヒモ緩みっぱなし。彼女によれば「これは仕入れだから別にいい」んだそう。とはいえボクも作家モノの変なオモチャを1200czkで購入。思えば今回の旅行でコレが一番高価な買い物だったかも?

cz21.jpg cz20.jpg

バスの時間になり、宿に荷物を取りに行く。
買い物をして幾分かさの増えた荷物を抱えてバスターミナルへ。
帰りのバスでは熟睡。気が付いたらプラハに着いてた。
晩飯は近くのスーパーのフードコートで怪しげな中華料理を。
宿の部屋に戻るとこの日もすぐベッドで撃沈。

まだまだ続きます。
posted by flowers at 02:28| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月19日

チェコメモ。

さて、チェコ旅行記。

そもそもの始まりは半年前、正月早々1月2日に受け取った一通のメール。
「厳正なる抽選の結果、特賞の日本−ヨーロッパビジネスクラス往復航空券に
ご当選されましたのでお知らせいたします。」
???
カミさんに何か懸賞に応募したかと聞くと、夏頃にネットでルフトハンザ50周年記念のなんたらに寄稿した、とのこと。
そのサイトを確認してみると確かにカミさんが寄稿した文章が他の方に混ざって載っている。それにしても抽選は8月と書いてあるが?
発信元のメールアドレスは間違いなくルフトハンザドメイン、連絡先もルフトハンザの東京営業所。
いやいや巧妙な詐欺かも、と思いつつも商売柄どうせ電話番号も住所もネットに晒してるし、と半信半疑で返信してみた。
すると1週間後、LH社から一通の封書が。

cz00.jpg

この時点で信用度60%くらいにアップ。なにぶん棚からボタモチ的な話にはかなり警戒してコトに当たる性分なんで。
それでもLHの担当の方と何回かメールのやりとりをするうち、詐欺じゃないってことを確信。
行く先はLHのネットワーク内だったらヨーロッパ内のどこでもいいとのこと。
さんざん悩んだあげく、3年前に雑貨ツアーで一度訪れて不完全燃焼だったチェコを訪ねてみることに。

っていうわけで行ってきました。ボヘミアングラスと素朴な木工品とピルスナービールの故郷へ。

6/4

関空9:40発のLH741便に搭乗。使用機材はB747。ボタン一つでフラットになるビジネスクラスのシートは超快適。
ウェルカムドリンクに始まりフルコースの食事や機内wifiで時間を潰しながらドイツ、フランクフルト空港に到着。
飛行機を降りる際、カミさんはイケメンCAから赤いバラを一輪貰いごきげん。
入国はすんなり。グーテンモルゲン、ダンケ、でお終い。赤いパスポートの威力。
フランクフルト空港から別の飛行機に乗り継ぎ、約一時間でプラハ空港到着。
日本から予約しておいた宿の方に空港まで迎えに来て頂き、とりあえず宿でカミさんはチェコビール、ボクはミネラルウォーターで一息。なんやかんやで関空を出てから18時間ほど。軽い食事を宿の人に頼んで作ってもらい、その後爆睡。

6/5
街歩き初日。宿はプラハ10区の閑静な住宅街に。今回、メインの宿は日本人オーナーのB&B形式の宿をチョイス。情報を日本語でやりとりできる点はもちろん、何よりも盗難の心配をせずに荷物を部屋に置きっぱなしにできることが最大の利点。街歩きにいちいちパスポートや多額の現金持ち歩いてらんないもんねー。
朝食を摂った後、バスとトラムを乗り継ぎ市街地へ。
まず向かったのは新市街地にあるヴェレトゥルジュニ・パレス。宮殿と名のついた無骨な社会主義的デザインのビルはチェコ国立の美術館。

cz01.jpg

ちょうどチェコ出身の画家、ミュシャの企画展をしていた。
まずはその企画展、ミュシャ「スラブ叙情詩」を観てまわる。
ミュシャといえばパリ時代の軽い感じのポスターくらいしか知らなかったけど、ここで見たのは6m×8mのばかでかい油絵20点。
淡く儚く、それでいて深い色彩。青を効果的に使ってる作品が目に留まる。歩いて行くうちに朱というかオレンジを基調に戦争が描かれたキャンバスに、2分するかのように黒く垂らしたような線が描かれた作品の前で足が止まり、しばし佇む。もう少しスラブ民族の歴史の勉強をしてきたら理解が深まったのにとちょっと悔やむ。
2F〜5Fは近代から現代作家の常設展。近代作家のフロアではクリムトの絵が1点。シーレが2点。ピカソやミロ、ブラック、ルオーなど有名どころも数点。現代作家は主にチェコの作家の作品。共産党政権が崩壊したのが1989年、そこから始まったであろうチェコのモダンアート、うーん...勢いで言うなら中国の作家の方が見応えがあるかなー。何ていうか、今ひとつ控えめな感じ。ただこの控えめに感じた作品がチェコ人そのものってことに旅の終わり頃気付いた。

それにしてもミュシャ作品の展示はともかく、その他の作品展示のてげてげなこと!
クリムトだってピカソだって薄汚れたパーティションや壁に、ちょん、と掛けてあるだけなんだもんよ。壁の色もピンクとか変な色。市民展みたいな感じ。ま、このゆるさもボヘミア気質のなせる技ってところなのかな?

美術館を出て近くのカフェで昼食を摂った後、歩いて近くの国立技術博物館へ。
自転車からジェット機までチェコをはじめヨーロッパ各国の乗り物の歴史を展示した博物館。

cz02.jpg

cz03.jpg

こういうところは理屈抜きで楽しい。子ども連れも多かったけど、一番はしゃいでるのはお父さんたち。メカモノ好きなオヤジは世界共通。子どもそっちのけで写真撮影に精出してた。チェコの自動車メーカー、Skodaのコレクションの多さはさすが。
じっくりと楽しんだあと、トラムに乗って旧市街中心部へ。
フラフラ歩いてると3年前に訪れた安い文房具店発見。
カミさんの目がキランと輝きバイヤーモードへ。
色鉛筆やら塗り絵やらノートやら安っぽい紙で出来た領収書?とかクロークに預けるときの連番の番号札(こんなもん何に使うの?)やらたんまり購入。

cz05.jpg

買い物をし終わった後、またブラブラ。ミュシャ美術館発見。とりあえず入ってみる。んー、油絵は1点、あとはデッサン多し。入場料はちと高め。そんなもんか。ミュージアムショップには日本人の団体がいっぱい。何かお土産になるようなモノを探したけど、やはり全体的に高めだったのでパス。ちなみにミュシャの現地での発音はムハ。

歩き疲れてバスに乗り、宿近くの英国資本スーパー、Tescoへ。ちっちゃいイオンみたいなもん。イオンつーか昔のジャスコかな。
ここの食材売り場で簡単な夕飯とフルーツ、ビールを仕入れて宿に戻る。
カミさんの選んだこの日のビール。一番安かったヤツ。6.9czk(1czk=約4円)。キリンラガー似の味だったらしい。
一緒に写ってるタバコは77ckz。ビールの値段の10倍...

cz06.jpg

部屋で食事を摂った後はまた爆睡。
続く。

posted by flowers at 23:03| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月14日

6月17日よりショップ営業再開します。

休業中に来て頂いた方々、大変申し訳ありませんでした。
6月17日(日)より通常営業に戻ります。
今後とも宜しくお願いいたします。

6月の頭から今日までチェコの首都プラハを基点にいろいろなショップ、工房、蚤の市なんぞを巡ってきました。
また落ち着いたらくどくどと旅日記などUpしますです。

DSC00661.jpg

DSC00871.JPG

DSC00919.JPG
posted by flowers at 20:12| Comment(0) | TrackBack(0) | my favorite things | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。