2010年10月18日

Koppa Carvings


101017.jpg







樟の木っ端から何となく彫りだし始めてからいったい何体彫っただろうか?
1年に50体として、かれこれ10年以上は作り続けてっから5〜600体くらいは彫ったかな。

何年か前にこの作品に関してとても心に残るエピソードをメールで送ってくれた方がいた。
その方とは会ったことがあるのかどうかもわからないし、名前も住んでいるところも知らないのだけれど。

ラジオか何かの取材で、こういった作品を作る時には木と一緒に自分の魂も削っているんです、なんて言ってしまったことがあるんだけど(若気の至りです。恥ずかしい)、実際のところ、そんなことはあまりなく、作っているときは何も考えていないことが多い。
何も考えていないというとちょっと語弊があるけど、はじめにイメージを決めたら、後はそのイメージに向かってとにかく彫る作業に没頭する。
感情が先走って妙に変な力が入ってしまったものを作ってしまうことも、まあたまにはあるけどね。

作り手はただ作る、で、そのただ作ったモノが誰かの琴線に触れてそのモノにその人の思いや感情が加わる。
すると、それはただのモノでなく、「何か」に変わる。
その「何か」は作り手だけでは存在し得ず、また、もちろん、使い手だけでも存在することはあり得ない。
そんな感じのモノとヒトの関係性もいいかなって、そのメールを思い出して、ふと想った。




posted by flowers at 01:14| Comment(4) | TrackBack(0) | 定番品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
大変いいものを見せていただきました。
大変記憶に残るものです。

Posted by 小川 靖則 at 2010年10月18日 06:34
小川さん、ありがとうございます。
禁煙続いてます?
Posted by flowers at 2010年10月18日 09:36
続いています。知らぬ間に手だけが何かを探しています。徳洲会で禁煙達成率95%だから、
残りの5%の中には入りたくはありません。
Posted by 小川 靖則 at 2010年10月18日 14:33
95%ってスゴイですね。
がんばってください。
ワタシは5%の方かも・・・
Posted by flowers at 2010年10月18日 20:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。