2010年11月19日

山桜のスプーン田舎風味

友人から注文を受けていたスプーンの製作にとりかかる。
材料置き場から山桜の板を工房に運んで、バンドソーで荒く輪郭をとる。
ベルトサンダーで粗方カタチを整えたあと、すくい部を彫り込む。
彫ったすくい部をスクレイパーでキレイに整え、さて仕上げのカタチをどうするか。

友人からのリクエストは「田舎のじいさん風」。
Kちゃん、ソレ、難しいよ。
とりあえず、イナカノジイサンイナカノジイサンイナカノジイサンと頭の中で唱えながら小刀で外形を削りだしていく。
イナカノジイサンはサンドペーパーなんか使わないだろなー、イナカノジイサンはデザインより強度だろなー、うん、質実剛健なんて考えながら、結局サンドペーパーは一切使わず、小刀だけで外形を仕上げた。

何か足りないナーとブツブツつぶやいてたら、カミさんがヨコから覗きこんで、田舎ってヨーロッパの田舎とかのイメージじゃないの?と口出し。
ヨーロッパの田舎のじいさん?
「!!!」
何だオンジのことか。
オンジの使ってそうなスプーンは、と。
ああ、結局イメージが湧かない。
とりあえず柄にヨーロッパ風のカーヴィングを彫ってみる。
お、何かソレっぽい。
イヤ、ちょっとヤっちゃったかも?
というよりオンジでよかったんだろか。
ネロのじいさんは何て名前だっけか?
カミさんに踊らされたけどホントは東北あたりのじいさんのイメー
ジ?
Kちゃんゴメン、ちょっと迷走してます。


1119.jpg

気になったんで調べてみました。
ネロのおじいさんの名前は、「Jehan Daas」、ジェハン・ダースでした。
知らなかった。


posted by flowers at 19:52| Comment(4) | TrackBack(0) | 定番品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
わ〜!!!い。
よいよいよいです!きれいだな〜 (*≧▽≦)
もちろん私の頭の中の田舎のじいさんはジャパニーズでしたけど
ヨーロッパね。なるほどね。楽しみだわ〜んわん
困らせちゃってすまそん。
ナチュラル志向の都会人の方もよろしく〜です (* ◕ฺ ∀ ◕ฺ) v
Posted by kaka at 2010年11月20日 10:48
ヨーロッパって言っても日本人の考える間違ったヨーロッパなのかもしれないです。
とりあえず仕上げて送りますんでご査収を。

ナチュラル志向〜は何となくイメージつきそうな。
ただ、材の乾燥にちょっと時間がかかる(数ヶ月)と思うんで気長にお待ち下さいませ。
Posted by flowers at 2010年11月20日 12:54
黒くぬって視力検査に!
おめめかぶれる!?
Posted by あらー at 2010年11月20日 23:10
あらーズミさん、Paint it black?
Posted by flowers at 2010年11月20日 23:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。