2010年11月28日

I must be


1128.jpg








14年前、屋久杉工芸の工房に勤めていた頃のこと。
福岡への1週間の出張の折り、毎夜入り浸った喫茶店。酒の好きな人だったら飲み屋に行くんだろうけど、ボクはあいにくと下戸なのだ。フラフラと大名のあたりを歩いてたら偶然見かけて入ったカウンターだけの小さな店。

薄暗い店内で珈琲を何杯もおかわりしながら、これからの自分のやりたいこと、やるべきことについて考えていた。
「自分のアタマで考えてみて、違う、と思ったら、そりゃ自分でやってみなくちゃ。」
仕事とは全然関係のない話をその店の店主としてたときの、彼の何気ない一言。
方向は定まり、島に戻ってすぐにその工芸店を退職、自分の工房づくりにとりかかった。

後になって店主に、あの時こんなことを言ってたよね?と聞いてみたら、「そんなこと言ったっけ?でもそそのかしたような覚えはまあ、あるけどね。」と笑っていた。

で、現在。
やりたかったことはできているのか。
やらなければならなかったことはどうか。
30代の自分に今、自慢できるかどうか。

今年もあと1ヶ月かあ。
あ、フッコは魚じゃなくて「復古」なんだそう。
画像は5年前の震災の後に移った新しい店舗のもの。
珈琲の美味しさは言うまでもなく。


posted by flowers at 21:12| Comment(4) | TrackBack(0) | 雑事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いい場所、見つけたね。

大事にしてくださいな。
それとなしに追い風の言葉をくれる人って、
やっぱり見えてる人なのかな・・・。

50代は、そういう言葉の言える人になれるといいですね。
Posted by thuu at 2010年11月30日 20:15
thuuさん、ドモです。

なれっかなあ。
Posted by flowers at 2010年11月30日 22:35
10年以上前、中を覗くと椅子が一つ空いていたので入ろうとしたが、満員だと断られた!若いネーちゃん4人いたからか!しかたなく欅通りの美々でコーヒーを飲んだ(博多で一番うまいコーヒー店だったが、もうその場所にはない)。
Posted by tatsuo at 2010年12月01日 00:20
ズミさんが断られたのはナントナクワカリマス。
Posted by flowers at 2010年12月01日 10:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。