2011年03月31日

トモダチ追加

今度はちょっとヒネた、いじけた顔。
何か目の下にクマできてるし・・・
ん?これはボクなのか?そうなのか?

110331b.jpg110331a.jpg










震災応援グッズの3月分の売り上げは32,600円でした。
みなさんありがとうございました。
本日郵便局にて赤十字の義援金口座に全額寄付しました。
明日からもがんばるぞ!


posted by flowers at 19:43| Comment(4) | TrackBack(0) | 新作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
面白い人形です。この人形なら好感をもてます。
おどろおそろしく無いから。
顔がすすけていますね。都会の子供かな?
Posted by 小川 靖則 at 2011年04月01日 00:40
どもどもです。
オドロオドロしいのはいろいろ感じたことの実験だったのですが、人の感情に触れる、ということにおいて、あのオドロオドロが小川さんに「気持ち悪い、もう二度と見たくない」と言わせたことは実験成功だったわけです。
素直で率直な感想に感謝してます。
ちなみにアレらは制作途中はもっとオドロオドロしかったですよ。
あれでもカタチを整えてく過程でかなりマイルドになってしまった感があります。

で、こちらの作品たちはもう少し解りやすいカタチにしてます、はい。
その分自分自身は奥に閉じ込めてます。
ただ彫刻刀で地道に彫っていく作業はどうしても自分が浸み出してきますが。
東北の避難所の運動場で子供たちが遊んでる姿を映像で見て衝動的に作り始めました。
ベタですが、やはり子供って希望を思い起こさせます。
Posted by flowers at 2011年04月01日 01:20
>ベタですが、やはり子供って希望を思い起こさせます。
と書いた後で何ですが、今、石井光太さんのツイートを読んでちょっと反省。
http://twitter.com/#!/kotaism
「被災地のニュースは、「学生や子供に<希望>をもらった」という目線で描かれることが多い。が、本来は「大人が子供に<希望>を与える」のが当然である。なぜ一人前の大人がそろいもそろって子供に救いを求めるのか。ゆがんでいる。大人よ、弱者のフリをして子供に救いを求めることなかれ。」

あの子供たちにボクらは希望を与えなければいけない。
Posted by flowers at 2011年04月01日 01:49
ぼくの昔からきらいだった大月ちひろじゃなかった、なんとかちひろの絵本よりいいかも?四月あほも終わりましたので!
自分の描いた絵を切り取り!出版した子供たちの その目は哀しく虚ろ!
これからは、観ざる、着飾る、考え、、ワオキツネざる、、盗らざる、彫らざる、、、探さざる?
   ,ココ、可視子。
Posted by jinnsei55念 at 2011年04月02日 02:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。