2011年07月28日

夏の休日

休店日の朝、いつもより少しだけ遅い時間に起きるとカミさんはすでに宮之浦方面に買い物に出掛けた模様。
出遅れてしまったボクは仕事でもしようかと工房に。
工房横では雨漏りの修理をお願いしていた大工さんが作業を終えて後片付けをしてるところだった。
大工さんと一緒に屋根の上に登り、ひとしきり修理箇所の説明を聞く。
しかし午前中とはいえ夏の日差しで屋根はカンカンに焼けている。
大工さん、お疲れ様でした&ありがとうございました。

工房に戻りiPodをアンプにつないで、さて仕事するか、という時に安房に住む友人から「泳ぎに行きましょ」メール。
もちろん断れるはずがなく、いそいそと工房を閉めて海グッズを抱えてクルマに乗り込む。
安房で友人のクルマに乗り換え、途中宮之浦でラーメンを食べて島の北の海岸へ。
観光客であふれてる砂浜とは反対の石だらけのビーチで泳ぐ。
今年初泳ぎ。
2011072713240000.jpg

仰向けに浮かんで空を眺めてたゆたう、この感覚も一年ぶり。
1時間ほど漂ったあと、友人はと見回してみると潜っては浮かんでをずっと続けてる。
まったくムダに体力有り余ってるよなあ。
海から上がって太陽熱で熱くなっている丸石だらけのビーチに寝転がった。
何とも心地よい。これって岩盤浴?

シャワーを浴びて着替えた後、その近所に住む別の友人に電話するとじきに自転車で颯爽と現れた。アイスクリームを3つ抱えて。
感謝感謝。
アイスをくわえながら雑談後、近くの灯台に行ってみよう、と3人で岬に向かう。
すっかり寂れて廃墟のようになってしまってるキャンプ場の駐車場にクルマを止め、薄暗い遊歩道を岬の先へ。
ゆるいアップダウンの続く道を5分ほど歩くと、一気に展望が拡がり、そこに灯台がある。
灯台の先は岬の突端。水平線!

2011072717240000.jpg

2011072717290000.jpg

確かここには15年ほど前に釣りに来た覚えが。
そのとき同行した職場の先輩が大物を取り逃がしてものすごく悔しい顔をしてたことを思い出す。

灯台を後にして駐車場に帰る道すがら、友人が小さな白いタイルが落ちてるのを見つけた.
灯台のタイル?あ、いや近くにあったトイレのタイルかも?って独り言を呟きながら歩いていた彼は果たしてそのタイルを持ち帰ったのだろうか。そういや聞いてないや。

夕方になり自転車に乗ってきた友人と別れ、東シナ海が一望できる展望所へ。

2011072718140000.jpg

もう少し待てば綺麗な夕焼けが観られたのだろうけど、そこはオッサン2人。
まーいっかと早々に立ち去り、安房へと引き返す。
そのまま晩飯を食うべと蕎麦屋へ。
たらふく食べた後、店の主人も加わって夜遅くまでグダグダ。
もちろん飲めないボクはそば湯とそば茶でお付き合い。
オッサン同志のくだらないけど楽しすぎるグダグダ話は日付が変わるまで続いた。
飲み助達は撃沈、ボクはシラフなんでクルマで自宅へ。

自宅に戻ると灯りが点いてたんで、お、まだ起きてんのか?と思いつつ恐る恐る家の中に入るとカミさんはすでに大いびきで爆睡中。
出迎えてくれたのはイヌだけ。

でもでも、楽しい休日でした!友人達に感謝。





posted by flowers at 21:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 屋久島のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
木曜日が休日ですか。
それにしても
出迎える犬がいるから心強い。
あれ!!猫はどうした。
かみさんのシンパか?
Posted by 小川 靖則 at 2011年07月28日 22:41
店の休日は水木です。
夏は店閉めてても工房で仕事してるときの方が多いですが。

ネコは独立独歩です、ハイ。
Posted by flowers at 2011年07月28日 22:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。