2011年10月08日

煙霧だってさ。

昨日、今日とまるで黄砂のときのような霞んだ空。
いつも天気の良いときには頂上までくっきり見える鈴岳もこの通り。

IMGP0107.jpg

黄砂かと思ってたんだけど、今回のものは「煙霧」というらしい。
wikiによると、「乾いた微粒子によって視界(視程)が10km未満となった場合」を煙霧と呼ぶそうだ。
どんな微粒子が飛んでんのか気になるところではあるけど、どうせロクでもないものだろうから知りたくない気もする。
目がショボショボしたり喉が痛くなったりしてた人もいたみたいだし。

そんな日の夕暮れ。
まあ夕方には霞もかなり晴れてきたけれど。

111008b.jpg

夕陽が霞んでまんまるに。線香花火みたい。

111008a.jpg

一昨日の夕陽と比べると空の色が全然違う・・・


posted by flowers at 20:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 屋久島のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。