2011年12月11日

パリメモ2

長文ですので興味の無い方はトバしてくださいませ。
ポンピドゥーセンターに入る前に、その横のストラヴィンスキー広場にあるニキとティンゲリによる噴水。



雨が降ってて人も少なく写真取り放題。カミさん大はしゃぎ。
ひとしきり撮影した後、いざポンピドゥーへ。と思ったら入り口のセキュリティチェックに行列。フランス人は並ぶのを苦にしないって言うけどホントだった。でもよく見てみると、行列の脇に団体、予約専用ゲートってのがあって、そこは誰も並んでおらず係員がヒマそうにしてる。ミュージアムパスを事前に購入していたのでダメ元で係員に聞いてみると難なくそのゲートから館内に入れてくれた。ラッキー。っていうかパリの美術館をイロイロ廻りたい方はパスを事前購入していくことをお勧めします。日本でも買えます。現地で買おうとするとパスを買うために並ばなきゃならないです。特にメジャーどころのミュゼは。
館内に入ってとりあえず例のチューブエスカレーターに乗る。コンドーム?のオブジェで装飾されたチューブ内のBGMは心臓の鼓動音。これは瀬戸内国際芸術祭にも出展してたボルタンスキーによるもんだろか?

111211a.jpg

最上階まで行くとムンクの企画展会場。持ち合わせてるパスでは企画展に入場できないのとこれまた入り口でかなりの人が並んでたので敢えなくUターン。一度1Fまで降りて常設展へ。20世紀初頭のエコール・ド・パリから現代へ続く作家達の作品の展示。現在進行形のアートはやはり楽しい。
例の便器↓若い作家に継承され未来永劫に続いていくという点においてこれもまた進行形なんだと思う。

111211b.jpg

一通り常設展示を観て回った後、一旦外に出て隣接するアトリエ・ブランクーシへ。

111211c.jpg

その存在を知ったときから、もう来たくて来たくてしょうがなかった。このために今回パリを再訪したといっても過言じゃないです。
彫刻家、コンスタンチン・ブランクーシがパリに構えていたアトリエ内部を作品まるごと復元した施設。たぶん、というか絶対、世界中で一番ブランクーシの作品が観られるところ。作品だけでなく、彼の使っていたノミやハンマー、ギターにゴルフクラブまで展示されてた。

111211d.jpg

力強さと繊細さ。これまで作品集でしか見ることのできなかった、ありとあらゆるシリーズが目の前にあることに感無量。彼の作品がここまで好きなのは出自が木工職人であった、ということもあるのかも知れない。その造形は典型的ミニマルではあるんだけど、その一つ一つに職人の手業的な作業が垣間見えてくる。工業製品と間違えられて関税を取られそうになったというブロンズの作品でさえ。
施設の設計はポンピドゥーと同じくイタリア人のレンゾ・ピアノ。自然光を取り入れる傾斜したガラス屋根はオリジナルのアトリエにも見られる。
アトリエ・ブランクーシが実現したのは彼が生前アトリエを忠実に再現することを条件にパリに手持ちの全作品を寄贈するって遺言を残していたからだそう。いつまでもソコにいたかったのだけれどそうも行かず、後ろ髪を引かれる思いでアトリエを後にした。もう一度ポンピドゥーの館内に入場してミュージアムショップと本屋へ。アート関係の蔵書の多いこと多いこと。もちろんブランクーシに関する本も。現代彫刻の祖とも言える彫刻家なのに日本での知名度は今一つで、彼に関する本もあまりというか全然見かけない。たまに美術手帖で特集するくらい。日本に作品が少ないからか、はたまたピカソ、ゴッホや印象派の作家といったいわゆる客の取れる作家ではないからだろか?・・・好きな人は結構いるんだけどなー。イサム・ノグチは知名度高いのになー。ちなみにイサムはブランクーシのアトリエで働いてたことが。去年訪れたイサム・ノグチ庭園美術館(ここも素晴らしい美術館!)にもブランクーシの「無限柱」を模した作品があったっけ。ブランクーシに関する本とDVDを購入。島に帰ったらブランクーシ好きの知人に自慢せねばと。あ、ここで別の知人に頼まれていた「スケッチトラベル」を発見、購入。

ポンピドゥーを出た後、ブランドショップの建ち並ぶエティエンヌ・マルセル通りから一本入った細い路地沿いのル・プティ・アトリエ・ドゥ・パリへ。ここは夫婦2人で陶器や木工品などを制作して販売するショップ。要するにウチと同じスタイルのお店。小さな店なので探すのに一苦労。やっとのことで見つけて店内へ。店内には所狭しと作品。それと可愛い柴犬のPONPONくんがお出迎え。工房は地下にあるそうな。あれやこれやとセレクトして買い物をすませた後メトロでアパート近くまで。メトロは満員。スリに気を遣いつつサン・シュルピス駅に。一旦アパートに戻って荷物を置いた後、スーパーとパン屋で買い物。アパートに戻りシャワーと食事を済ませるともう撃沈。

3日めへ。蚤の市〜モンパルナス〜ケ・ブランリー美術館。



posted by flowers at 22:58| Comment(4) | TrackBack(0) | 雑事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
くりゃ、
、、
ところで、せんとろどP.道でG.R王のベロニカは見たんかえー?
Posted by 岡住達夫其の人、本人? at 2011年12月12日 00:16
ルオーはチェックしてます。
Posted by トガワ at 2011年12月12日 01:57
うらやましいですーーーーーーーー!!!

パリを訪れたのは、もう、20年も前です(ToT)

イサム・ノグチ庭園美術館、まだ行ってないので
行ってみます!

続きも楽しみにしてま〜す^^



Posted by shimachacafe at 2011年12月12日 19:44
イサムノグチ庭園美術館はすごくいいですよー!予約制で、かつ自由にゆっくり観て回れないところがちょっとアレだけど。
Posted by トガワ at 2011年12月12日 22:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。