2011年12月13日

パリメモ4。

もういい加減くどくなってるかもしんないけど4日目。

日の出とともに起床。とはいっても8時くらい。昨晩の残りのキッシュとコーヒーで簡単な朝食。ルーブルに向かう。
ルーブルにはバスで。アパートから2km弱程度なので歩いていけない距離ではないんだけど、足がもうパンパン。美術館の中はまた歩かなきゃいけないし。
バスに乗って数分でルーブル着。いい天気!

111212h.jpg

そういやバスの中には英語、ドイツ語、日本語でこの注意書き↓

111213b.jpg

中でもスマホは要注意だそう。パリの人たちはほとんど電話は内ポケットに入れたままイヤフォンとマイクで話してた。歩きながらでもそうやって話してるんで、初めのうちは何独り言言ってんだろ?って思ってたんだけど、なるほどこういう理由が。まあ普通に手で持って電話してる人もいるにはいるけど。それでも日本のようにバスやメトロ内や街角で画面を注視しながらメールを打ってる人はほぼ皆無。気を付けましょう。

さて、ルーブル。凄い混雑を覚悟してたんだけど、拍子抜けするくらいすんなり入館。昨日が無料開放デーだったんでその反動なんかな。それでもモナリザ、ニケ、スフィンクス、ミロのビーナスの前だけは人だかり。ビーナスのおしり↓

111212i.jpg

しかし入場者の半数以上が日本、韓国、中国などの極東アジア人。上記以外の場所では余り見かけなかったけど。ルーブル内にも日本語でスリに注意の看板。スリって「掏摸」と書くんだ。知らなかった・・・

111213c.jpg

一つ一つじっくりと観ていたら陽が暮れそうなんで興味のあるものだけをじっくりと。ルーブルが面白いと感じたのは世界各国の美術の歴史の流れを一挙に観られること。知らず知らずのうちに切り離して考えていた歴史の各時代時代が一本の線でつながってゆく。ピカソはよく美術史に垂直線上で現れたなんて例えられるけど、彼もまたしかり。その線上に誰もがつながってるんだと再認識させてくれる。アフリカやアラブ、アジアの文化の中にピカソを始め、モディリアニやジャコメッティ、その他様々の作家たちの元ネタが詰まってる。100年前、ヨーロッパ全土からパリに集まった若い芸術家たちがこれらの文化に初めて触れた時の感動が伝わってくるよう。
ロダンに憧れてルーマニアからパリに出てきたばかりのブランクーシもこんなのを見てショック受けたんだろなー↓
111212l.jpg

歩き疲れて館内のカフェで小休止&昼飯。このカフェは高い・・・

111212j.jpg

腹ごしらえをした後はメトロでマレ地区へ。アンティークショップの集まるヴィラージュ・サンポールへ行くも店はほとんど休み。まあしゃあないと雰囲気だけ楽しむ。その後歩いてバスティーユへ。マリーアントワネットらが処刑されたところだっけ?鉄道高架跡を改装したアトリエ街を散歩。今ひとつ寂れた感が。人もあんまり歩いてないし。それでもまあ陶器に絵付けしてるところや修復途中の家具なんかをガラス越しに見学することができた。

111212k.jpg 111213d.jpg

中途半端に時間が余ったんでリヨン駅からメトロに乗ってパリ市庁舎近くのBHVへ。ここは言ってみればパリの東急ハンズ。いや、ハンズのほうがここのパクリなのかも。白地に緑のロゴも似てるし。BHVの中のカフェで一休み、買い物を済ませて外に出ようとすると、セキュリティゲートでブザー。むちゃくちゃガタイのいい警備員に呼び止められる。もう一度買った物が入ってるショッピングバッグだけをゲートに通してみるとやっぱりブザーが。ギフト用にラッピングして貰ったものを解いてよいか?と尋ねられ、しぶしぶ了解する。警備員が不器用そうにパッケージから商品を取り出す。盗難防止タグが付いたまま。お互い顔を見合わせて肩をすくめて苦笑い。レシートを確認しながらその警備員は、よくあることだよ気にすんなって顔でニコニコしながらラッピングの解かれたままの商品をこちらに返しつつ「メルシー、オーボワ」。おーい。
再びポンピドゥーセンターへ行き草間彌生展とムンク展を。彌生ちゃん、意外と50〜70年代の油絵作品が力強くてよかった。もちろん最近の作品も楽しい。ムンクはまあ、ムンク。ポンピドゥーの最上階から観るパリの夕焼けがメチャきれいでした。

111213e.jpg

ポンピドゥーを出た後はバス停の固まってるパリ市庁舎前まで歩く。
市庁舎前にはメリーゴーランド。市庁舎のライトアップと月がキレイだった。



バスに乗ってアパートへ。冷蔵庫に入ってる余り物で食事。シャワー浴びてこの日も爆睡。

もうちょっと続きます。次はサンジェルマンデプレ辺りブラブラ、ちょっとだけ観光、お買い物。


posted by flowers at 03:09| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
楽しく読ませてもらっています。
我が夫婦が一緒に旅行すると喧嘩しますが。
そちらはしないようですね。
Posted by 小川 靖則 at 2011年12月13日 08:09
いやいや、しまくりです。
Posted by トガワ at 2011年12月13日 17:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。