2012年10月03日

久々に。


時間に余裕ができはじめたんでこのシリーズ9人目を。今回は初めて実在の子をイメージして制作。

DSC01140.jpg DSC01142.jpg

DSC01146.jpg DSC01144.jpg

その子とは実際に会った事はない。
ただ、以前屋久島に住んでいたお母さんを通じて離乳期にはヤマザクラで作った木のスプーンを、誕生日には名前入りの時計を制作。
要するに作ったモノを介しての接点しか無かったし、彼はボクのことを知らない。
スプーンや時計が彼の人生とどう関わってきたか、どう接してくれたかも知る由もない。
それはまあ当たり前といえば当たり前のことで、そのこと自体は何てことないし。
何てことはないのだけど、今、この子を作っておかなくちゃ、って思った。
本人が見たら「似てね〜っ!」って言うだろな。




posted by flowers at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 新作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。