2011年01月07日

とりあえずメモ。

主人公らしき「私」が神父に告白をしている場面から話は始まる。

「私」の回想シーン。

塀と鉄条網に囲われた街。所々で眼を光らせる銃を担いだ兵隊。刑務所or収容所だろうか。
その中で暮らす人々は犯罪者といった風情ではなく、普通の、ごく普通の人々。「私」はそこにあるコンクリートでできた建物の中の一室で男2,女1の計3人で生活していた。

3人はそれぞれ特に仲が良いわけでもなく、また、かといって悪いわけでもなく。
当局が特に考えもなく勝手にその3人を同室にしたという、ただそれだけのことだったのだろう。
同居人たちの暮らしは互いに適度な距離感を保ちつつ淡々とすすんでゆく。
毎日灰色の作業服を着て労働に出かけ、食事は配給。
まあそれでも何とか日々小さな楽しみを見つけながら暮らしている。

そんなある日、同室の男が塀の外へ解放されることになった。
ささやかながらその男の今後を祝う会を終えて、門の外に笑顔で出て行く男を見送る。

女と2人で部屋に戻ると、部屋には新しい同居人となる別の男が。
年齢は一回りほど上だろうか。
何とも人の良さそうなその笑顔にちょっと安心して握手をしながら挨拶をする。
良さそうな人でよかったね、と女に小声で呟くと、その女の表情は硬く強ばり、体も小刻みに震えている。
そんな女の様子とは裏腹に新しい同居人は相変わらず笑顔で自己紹介を続けている。
その男と女の間に過去何かあったのか?それにしても男の方は女のことを知らないようだが?

お互いがお互いのことを詮索し合わないのがこの部屋での唯一のルール。なのでその女の過去がどうであったかなんて知らないし、興味もわかなかった。だけど、今のこの女の状況は尋常ではない。

ルールを侵し、男がシャワーを浴びているときに女に問いかけてみる。女はただ黙ってうついているばかり。唇をかみしめて。
それ以上の詮索は止めておく。

それからその男を加えての3人による新しい同居生活が始まった。
前と変わらない、距離感を保った生活。
日々労働に駆りだされ、粗末な配給の食事。
ただ、女の男に対する態度にはやはり明らかな違和感が。
男の方といえばそんな女の態度に腹を立てるわけでもなく、困惑したような苦笑いを浮かべながら「私」に、何でだろうね?別に構わないけど、と珈琲を飲みながら話しかける。

そんなある日、男が寝静まった夜、女が思い詰めた顔で相談を投げかけてきた。
その男の殺害計画。
「私」は特に驚きもせず、女の計画を聞いている。
驚かなかったのは、そんな予感がずっとしていたからであろう。
数年の同居生活によって、その女が一時の感情で短絡的な行動に走るような人間ではないことは解っている。
ここまで思い詰めるにはそれだけの何かがあってのことだろう。
「私」は少しの時間考えた後、その計画を手伝うことにする。
いつも冷静、理知的で、それでいて情熱的なところもあった彼女に少なからず好意を抱きはじめていたことも計画に乗った一因かもしれない。
女は、そんな「私」の感情を知ってか知らずか、とにかく知っていてもそれを利用するような人間ではない、と「私」は信じて、計画を実行し始める。

そこで一旦、冒頭の告白シーンに戻る。
「私」は自分のしたことは自分で決めてしたことであり、後悔とか、懺悔とか、そういった類の感情には縛られていない、と神父に告げる。
ただ、「私」には塀の外に息子と娘がおり、今回のことによってもう一生塀の外に出られなくなるだろうから、永遠に子供たちに会えなくなることだけがつらい、と涙を流す。

・・・と、ここで目が覚めた。
しかしなんつー初夢。
映像は終始じめっとした空気感に包まれていた。

レム睡眠時に起こされたのか細部にわたってディテールを覚えていたのでメモしておいたのでした。







posted by flowers at 01:01| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月01日

あけました。

あけましておめでとうございます。

大荒れの大晦日から一転、穏やかな元旦になりました。
と思って島の北にある神社に初詣に出かけたら。



ええ〜?ここはどこ?
神社のある宮之浦はあいにくの雨。
傘を差して参拝、おみくじをひく。
大吉!
「おもうがままになる運です。〜中略〜 すべて心のままになるでしょう。」とのこと。あはははのは。

IMG_0356.jpg









帰る途中、オムハヤシライスとエスプレッソを。
尾之間に帰ってみれば雨もあがっていて穏やかな天気。
革ジャンを脱いで犬の散歩でもしようかな。

何はともあれ本年も宜しくお願いいたします。

posted by flowers at 15:02| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月31日

さて、と。

一年間お世話になった機械や道具たちに感謝の気持ちと御神酒を捧げる。
と、さっきまで雑然とかきまわされていた工房内の空気が停まりはじめる。
またかきまわしてしまわないよう、そのまま静かに外に出て工房の扉を閉める。
今年も一年ありがとうございました。

みなさま良いお年を。
しかし寒いな−。

101231.jpg
posted by flowers at 14:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月30日

何やってんだか。

いや、ダ○ソーってこんなもんまで売ってるのね。
100エンじゃなかったけど思わず買ってしまった。
デッサン用のポージング人形というかモデル人形。

1229a.jpg










何だか寂しいんで顔はこれもダイ○ーで売ってた石粉粘土で整形。

1229c.jpg










何となく骸骨を肉付けして生前の顔を再現する人のような気分。
小さいと難しいね。
モデルはいません。テキトーに整形。

それからやっぱりね、昭和の人間だったらこういった人形に必ずさせるであろうあのポーズをね。
赤塚不二夫万歳。

1229b.jpg










アホな事してると時間の過ぎるのが早いこと。


posted by flowers at 00:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月28日

今更だけど。


101228a.jpg










やっぱサンタっていると思うんだ。
そりゃさすがにイブの夜に鍵のかかった家に忍び込んでプレゼントを置いていくとはもう思ってないけどさ。
それでも。
みんなが優しくなれる夜、奇跡とはいかないまでも小さな幸せを一人一人に与えてくれると思うんだ。
気づくと気づかないとにかかわらずね。
形のないギフトに気づいたとき、心がいっぱいになる。
そんなとき、やっぱりサンタっていたんだと思うんだ。

ウチのクリスマスはどうだったかって?
ああ、カミさんは女子会だそうで夜中の3時過ぎまで帰ってこなかったさ。
ボクはくだらないTV見ながら残り物をチンして食べてたさ。
幸せそうな家族や楽しそうな恋人たちの話をヤサグレて聞いてたさ。
それでも、まあ。

そんな話はさておき、ドリルやルーターのビットがかなり錆びてるのが気になってCRCをたっぷりと塗布後、軽く錆び落とし。
必要な分だけ買ってるつもりだったけど、結構な数になるもんです。

海の見える工房はそれはそれでいいもんだけど、大変なのが工具類の錆。
毎日のメンテがいい加減といってしまえばそれまでなんだけどね。
海からの南風が工房内に入り込んでくる夏はもう、鋳物で出来ている定盤から引き出しの中にしまってある刃物類まで錆びの出る物は全て錆びてしまうのだ。
特に雨の伴わない台風の時は最悪。
大荒れの海で巻き上げられた潮が工房内を埋め尽くす。
台風の前には機械や刃物類全てに防錆剤をたっぷりとスプレーして、ブルーシートにくるんでおくんだけど、それでも錆びる。
仕方ないんだけどさ。

そんなこんなで工房の大掃除もほぼ終了。
年末はゆっくり過ごせそう。


101228b.jpg




posted by flowers at 19:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月26日

寒いわー

こたつに入ってポンカン食べながら年賀状を書く。
正しい屋久島の年末の過ごし方。
こんなときはゆるいほっこり系の音をBGMに。
めちゃめちゃチープなつくりのPVもいいなあ。


posted by flowers at 13:26| Comment(4) | TrackBack(0) | 雑事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月21日

気になる二宮くんのTシャツ

101221b.jpg







↑ヤフオクで落札したよくわからないチップソー。
縦横兼用、トメ用、薄刃とあります。
ちゃんと、というか、すごく切れます。
コントソーには変換リングをかまして装着します。
一番下のごつい刃はDELTAの付属の刃。
精度が悪いんで粗切りにしか使いません。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

工房を訪れる観光客もめっきり減ってきたので、のんびりと自分のペースで作品を作っている。
やっぱりこういう時期もないとね。
作品作りの合間に掃除をしたり刃物を研いだり珈琲煎れたり。
今年は秋の記憶がどっかに飛んでいて、夏から急に冬になった感じ。
また来年の3月くらいからは走り始めなきゃならないんで、今はゆっくりとクールダウン。
夏の間に思い付きでデッサンだけはしたものの、そのままになってるものを一つ一つカタチにしたり。
楽しいなあ。

しかし早いもので今年もあと10日。
何かやり残したことがあったようななかったような・・・
まいっか。

今日の二宮くん、またストーンズTシャツを着てると思ったら次の場面ではAC/DC・Tシャツに替わってた・・・
で、今の場面、うーん、見えない。
ちょっと上着脱いでくれないだろうか。
しかし、あんた、じれったいなあ。
でも若いっていいよな。
歳をとるとね、なかなか素直になれなくなるからね、今のうちにマジメにバカやっておくといいよ、などとオッサンくさくTVに呟いてみる。
お、今度はユニオンジャックTだ!

posted by flowers at 21:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月19日

Sunny day sunday.

ナンダカイロイロメンドクセーナ、ってな気分の、しかし穏やかで良い日でした。

緊張感なさすぎのネコ。一応ケモノなんだからさ。
101219a.jpg







あら、UFO。
101219b.jpg










願い事を3つ。

posted by flowers at 22:04| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月07日

キッチン改造

「ヤフオクで業務用のシンク落札したんで給排水工事よろしくね。」
ある日カミさんに言われた。

はいはい、・・・ん?はい?
事後承諾はいつものこと。
慣れっこになってるんでよいとしても、業務用シンク?

「イヤ、何か今のシンク、小さくて使いづらくてさ。シンクがもう一個あったら使いやすいかなと思って。ホラ、アンタのおうちカフェキッチンにもなるじゃん。」

今のシンクとは別に、アイランド型のシンクを追加したいらしい。

実はこの家を建てた当初、ボクの手違いで台所用シンクは考えていたものより小さなもの(いわゆる公団用シンク、ホームセンターで29,800円でした。)を入れてしまっていた。
この手違いについては話すと長くなるんで割愛。
とにかく、キッチンに関して攻められると弱いのだ。

で、先日そのシンクが到着。
仕事も一段落着いたんで、近所の金物屋で部材を購入、作業に取りかかる。
作業といっても、既存の排水管の立ち上がりにチーズをかませてシンクの排水につなぎ込むだけの簡単な作業。
家の床下は60cmほどの高さがあるのでこういった作業はしやすい。
勾配に気を使いながら難なく完了。
給水も、夏前に庭に水栓を増設したときに配回した架橋ポリ管に継ぎ手でつなぎ込むだけ。
小一時間ほどで作業は完了。
各部の水漏れのチェックをする。

晴れてアイランドシンクのできあがり。
見た目はちょっとアレだけど、シンク代、工事部材合わせて計20,000円くらい。
まあこんなものかいな。
プロの調理人である友人によれば、このシンクは元々食器洗浄機を組み込むための作業台なんだそう。
ああ、それで給水が2系統付いてたんだ。
まあ使えたら何でもいいや。

業務用の中古什器が安く大量に出ているってのはそれだけ潰れてる飲食店が多いってことだよなあ、とその友人はしみじみと呟いていた。
そうか、そういうことか。
まあまあ、アナタの所は大丈夫でしょう。
というか大丈夫でいてくださいまし。

1207a.jpg






1207b.jpg



posted by flowers at 21:10| Comment(1) | TrackBack(0) | 雑事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月06日

お手軽café cortado

少量のミルクをカップに注ぎ、レンジでチン。
それにエスプレッソを抽出。
お手軽で美味しいcafé cortadoのできあがり。
ミルクの量が少ないので、チンするときに沸騰してしまいがちなのがちょいと難点。
沸騰させるとミルクの甘さも香りも飛んでしまう。

あと、邪道かも知れないけど、抽出したエスプレッソにポーションミルク(乳成分100%がよりベター)。

前に真冬のベルリンを訪れたときに入ったカフェでコーヒーを頼んで出てきたのが、エスプレッソとポーションミルク2カップ。
周りを見てみると、たっぷりと砂糖を入れて飲む人、ミルク2カップ入れて飲む人、そのまま飲む人、等々、みんな好き勝手に楽しんでる様子。
〜でなければならない、なんてことはこの世には存在しないのだ。
とりあえず1カップのミルクを入れて飲んでみると、その、美味しいこと。
そのときの記憶を元にいろいろ試しているんだけど、そのときの美味しさには中々届かない。
美味しいことは美味しいのだけれど。
まあ、味覚はそのときの状況、感情なんかにも影響されるだろうからね。
なかなか難しいのだ。


1206.jpg

posted by flowers at 22:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月03日

チデジカ


1203.jpg






そうです、はい、エコポイントに踊らされました。

初めは32V型程度のTVを探してたんだけど、エコポイント、ショップポイント諸々を考慮すると実質5万円ちょいで42V型が買えることが判明。
エコでも何でもない42V型のプラズマTVの購入に至りました。
ただ最近のプラズマは同型の液晶と比べてもそんなに消費電力変わんないみたいだし。(LEDバックライトのエリア駆動型とは比べもんにならないそうだけど。)
但し、これまでの21型ブラウン管よりかは大幅アップ。

早速セッティング、視聴。
やっぱキレイだわ、うん。
画質は液晶の方が色が鮮やからしいけど、コレはコレで目が疲れないだろうし、何より動きがブラウン管ライクで自然。
焼き付かないようにエイジングに励もうっと。


posted by flowers at 01:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月02日

The Boat That Rocked

60's Rock満載の映画、「パイレーツ・ロック」をDVDで観た。

意味のよく分からないジョークや下らないギャグを仰々しく絡めてく感じはさすがモンティパイソンを生み出したお国。
・・・と、てっきりイギリス映画かと思いきや、何故かイギリス・ドイツ合作映画。何で?
D-DAYとかちょびヒゲの政治家とかドイツからかってるような感じもあったのにな。

まあまあ、内容はアレでどうでもいいんだけど、楽しい映画でした。
こういう後に引かない映画もいいもんです。

VIVA! R&R!

というわけでこの映画のオープニング曲、KINKSのAll Day and All of the Night

posted by flowers at 00:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月28日

I must be


1128.jpg








14年前、屋久杉工芸の工房に勤めていた頃のこと。
福岡への1週間の出張の折り、毎夜入り浸った喫茶店。酒の好きな人だったら飲み屋に行くんだろうけど、ボクはあいにくと下戸なのだ。フラフラと大名のあたりを歩いてたら偶然見かけて入ったカウンターだけの小さな店。

薄暗い店内で珈琲を何杯もおかわりしながら、これからの自分のやりたいこと、やるべきことについて考えていた。
「自分のアタマで考えてみて、違う、と思ったら、そりゃ自分でやってみなくちゃ。」
仕事とは全然関係のない話をその店の店主としてたときの、彼の何気ない一言。
方向は定まり、島に戻ってすぐにその工芸店を退職、自分の工房づくりにとりかかった。

後になって店主に、あの時こんなことを言ってたよね?と聞いてみたら、「そんなこと言ったっけ?でもそそのかしたような覚えはまあ、あるけどね。」と笑っていた。

で、現在。
やりたかったことはできているのか。
やらなければならなかったことはどうか。
30代の自分に今、自慢できるかどうか。

今年もあと1ヶ月かあ。
あ、フッコは魚じゃなくて「復古」なんだそう。
画像は5年前の震災の後に移った新しい店舗のもの。
珈琲の美味しさは言うまでもなく。
posted by flowers at 21:12| Comment(4) | TrackBack(0) | 雑事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月22日

?

普段このブログへのアクセスは多いときでせいぜい一日300程度。それが何故か昨日の夜から今朝にかけてのアクセス総数が10,000越え。

何じゃと思って検索ワード見てみると、ほとんどが「ヤンバルトサカヤスデ」。
なんとコイツら、JRの列車止めたそうな。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101121-00000036-mai-soci
恐るべし。


posted by flowers at 20:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月14日

じゃ、切ってしまえ。

11月も半ばになって、工房を訪れるお客さんも少なくなってきたんだけど、このところ注文が重なって妙に忙しい。
先日の定休日にも注文品のフォトフレームの仕上げ作業に没頭していた。
と、まあそれはいいんだけど、昼になって作業を止めて家に戻ってきたら。

IMG_0831.jpg






???
「ナニシテンノ?」
「見りゃわかるでしょ、マット切ってんの。」
「・・・イヤ、ソレハソウナンダケド。」

カミさんの論理

家が狭い。

マットが更に狭くしてる。

ロフトに上げてしまえ。

ロフトへの階段の間口が狭く、マットが通らない。

じゃ、切ってしまえ。

織田信長ばりの強引な思考でコトに至ったよう。
しかし、このマット。
腰痛持ちのカミさんが、やはりベッドマットはちゃんとしたヤツじゃないとダメだと言って結構なお値段で購入したはいいけど、体に合わず、自分は床に直接布団を敷いて寝て、結局のところボク専用の寝具になっていたのだ。
ボクとしては、このマット、堅すぎず柔らかすぎず、しかもセミダブルサイズなんで広々と気持ち良く眠れてお気に入りだったのだが。
しかも自分はあまり使用しなかったにもかかわらず、12年保証だとか、このメーカーは何たらとか、よく自慢してなかったっけ?

1114b.jpg






で、切ったあとどうすんの?と聞いてみると、
「大丈夫。余った布で縫い直すから。」とのこと。
不安に駆られながらも昼食を摂り、仕事を再開して夕方恐る恐る家に戻ってみれば。

1114c.jpg






おお、シングルサイズのマットにちゃんとなってる。
得意げな顔で「アタシって天才」と言い放つカミさんには少々イラっとするものの、さすが普段無駄にものづくりしてないなと感心した。
マットをロフトに押し上げ、スペースの空いた家の中はちょっぴり開放感が増して良い感じ。
切られて余った「高密度弾性ポリウレタンフォーム」は布を被せてクッションに。
まあ、なかなか、やるじゃん。

・・・・ところでボクは何処で寝たらいいんでしょうか?
posted by flowers at 10:36| Comment(9) | TrackBack(0) | 雑事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月03日

忘れないうちに、その2

やっと体調が戻って来た感じ。
歳をとるにつれ復調するまでの期間が長くなる。
当たり前なんだけどさ。

午前中、荒れ放題だった家の南側の敷地の草払い。
ススキが背の丈を超えてるよ、まったく。
ススキのジャングルの中で草払い機をぶん回していると、熟したエビヅルの実を発見。
時期的にもう萎びているのもあるけど、美味しそうな実もたくさん。
2時間ほど草払いをした後、エビヅル収穫。
鍋でクツクツと煮て、エビヅルソースの出来上がり。
今年はもうこれで最後かな。

そうそう、10月のアタマに訪れたときにはギャラリーが休みで観ることのできなかった、しりあがり寿のぞんざいな王国展
先週、やっと行くことができた。
いやー、いいよね、ぞんざいで。
1000人の眠るオヤジドローイング、迷路のような、トンネルの中の落書きのような水墨マンガ、オヤジアニメ。
徹底していい加減で、ぞんざいな世界。
トンネル水墨画の、好きなとこを破って額装するってのもぞんざいでいいねえ。
ぞんざいでいいじゃん、この世界。しりさんって素晴らしい。

あ、あのアニメの振り付け、ラッキー池田だったんだ・・・

posted by flowers at 19:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月29日

忘れないうちに。

朝起きてみたら何とも言えないだるさと吐き気。
風邪?なのかな?
熱が出ているわけでもなし、かといって動き回っていたら気持ち悪くなってきたんで、今日一日は店と工房をカミさんに任せてデスクワークを。

そんなことはさておき、駆け足で観てきた瀬戸内国際芸術祭とあいちトリエンナーレ。
旬の、現在進行形のアートを様々なシチュエーションのもとに堪能することができた。
ん?現在進行形ってナニ?
っていうか進行形でないアートってナニ?
・・・今日は頭がボーッとしてるんで、またそのうちゆっくりと考えよっと。

さて、そんなわけで、いろいろ印象深い作品に出会った一週間だった。
ナニがどう印象深かったかと言えば、例えばジェームズタレルのとんでもなく心地よい、白い壁とベンチから見上げる四角い空とか、真っ暗闇に浮かんでくるスクリーンとか、嵐の中、小さな家の中に生まれる一体感とか、大竹伸郎の何でもあり的なメチャメチャなボロ家とか、波の圧力で音の出る舟とか、戸の家とか、うちわの家とか、チリンチリン鳴って震える羽だとか、竹でできたバカでかい寝床だとか、無限に湧き出て永遠に変化し続ける、殻の中にいるようで、でも地球そのものであるようで、いつまでもそこに留まっていたくなるような空間だとか。
楽しくて面白くて、書いてたらキリが無いのでこの辺で。
あ、大勢の人の色々な感情の渦巻く、何て言うか、神社で勝手な願いを描いた絵馬がたくさん括り付けてある場所的な作品は苦手。
作品が良い悪いと思う前に、ただ単に苦手なのです。

今回の旅のなかで一番印象深かったのは、実は芸術祭の前に観に行ったイサム・ノグチ庭園美術館。
「芸術は全て未来への贈り物、それ以外に何の価値があるでしょうか。」との言葉を遺したイサム・ノグチ。
この言葉が旅行中ずっと頭の中で重く響くことになった。

この美術館は、彼がその晩年アトリエと住居を構えた場所をそのままミュージアムにしたもの。
彼が真摯に石、自然と対峙した痕跡の中を、興奮で軽い目眩を感じながら歩いた。
矢で割っただけの未完成の作品からも彼の息遣いが伝わってくるようだ。
移築された酒蔵の中の薄暗い空間に鎮座する「The energy・ void」。
高さ3.6m、いくつかの石を継ぎ、美しく研磨された作品。
エネルギーと空虚、その題名のように作品の周り一帯を重力感と無重力感が絡み合って不思議な感覚に陥る。
彼が未来に遺してくれた贈り物。
人間がこの地球上に、宇宙に、存在する、存在し得る理由。
そして、芸術の存在価値。
普段即物的な生き方をしているボクでさえ、この作品の前においてはそんなことを思索せずにはいられない。
いや、思索するというより、感じるといった方が近いかも。
言葉でない、何か。

ああ、何か、やっぱ頭がボーっとしてる・・・

posted by flowers at 23:01| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月25日

瀬戸内&名古屋

帰省のついでに(といっては距離があるけど)終了間際の瀬戸内国際芸術祭へ。

高松をベースに男木島、女木島、直島、豊島、小豆島を周り、その行きがけの駄賃にイサム・ノグチ庭園美術館と丸亀の猪熊弦一郎現代美術館へ。

どの島へ行ってもすごい人混みで、今週の土日には一体どうなることやら。
コンテンポラリーアートのフェスなんで若い人が多いのかと思いきや、それこそ老若男女、あらゆる年代の人々が小さな島に押し寄せていた。
特に地中美術館、豊島美術館は並ぶのが嫌いな人間にとっては入館するのをためらわさせるほど。
それでも両美術館の持つ圧倒的な空間は、もう、言葉が出なくなるほど美しく、地球上に人間の存在する意味を感じさせてくれる。大げさでなく。
できれば両美術館とももう少しゆっくりしたかったけどね。

ゆっくりしたかったといえば、10分とか15分とか時間的に初めと終わりのある、体感アートというか、時間芸術的、遊園地のアトラクション的な作品が結構あったけど、今の流行なんかな?
その10分を体感するために1時間とか並ぶんだけどさー。
また、学祭ノリの作品も多かった。
まあお祭りなんだから、それはそれで楽しくて面白くて笑わせてもらったけどね。

画像は豊島美術館付近の段々畑から。
iPod Touchで撮影、TintShiftGenでレタッチ。

・・・関係ないけど関西のおばちゃん軍団、ムチャクチャ威圧感ありました・・・




1025.jpg
posted by flowers at 19:38| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月08日

日常復帰

無事島に戻りました。
Hさん、神戸ではありがとうございました。
カワサキワールド楽しかったです。

ちょっとのんびりしたいところではあるけれど、注文やら何やら滞っていて息をつく間もなく働いて(働かされて?)います。
忙しいのはありがたいことなんだけどね。

今日は香港のU-MAGAZINEという雑誌の取材がありました。
日中間は政治的にイロイロとあったんで、香港と聞いて初めは身構えたんだけど、記者の郭さん、すごくスマートで礼儀の正しい、素敵な女性。
ついついテンションが上がり、いつもは断る写真も撮ってもらったり。
かなりニヤけていたかも。

しかし屋久島ってやっぱり世界からみても魅力的な観光地なんだなーと実感。


posted by flowers at 23:03| Comment(8) | TrackBack(0) | 雑事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月05日

スモーキン’ブルー

「おじさんブログでタバコやめるって言ってなかったっけ?」
中2になる可愛い姪っ子にそう言われてしまった。
(イ、イヤ、やめるとは書いてないけど・・・まあ)
「今度おばさんにあったときにチクろっと黒ハートそういや前にケンカして島一周したんだってね。」
(げげげ)
すると小4の甥っ子が、
「オレはチクらない。」
おお男同士。お年玉倍増確定。

なんやかんやで明日帰島予定。So tired.

posted by flowers at 20:49| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。